NYと日本の違い

私は昨年NYに行ってきました。その際、日本とNYとの文化の違いを発見しました。まず初めに驚いたことは、NYの人々は皆忙しそうにせかせかと街を歩いており移動の道中で食事をする人が多いということです。街のところどころでホットドッグなどのフードが売られており、朝はそれらを片手に歩行している人が多かったのですが、昼になるとピザの大きな箱を片手に抱えながらピザを食べている人がいてそれには驚きました。日本では絶対に見られない光景です。また、バナナを食べている人もおり皆人目を全く気にしていない感じでした。もしこれを日本人がしていたら、注目の的になるでしょう。外国人がやるから許されるのであって、ピザを持っている姿もなかなか様になっていました。次に、NYの男性はとても優しいです。電車に乗ったとき、席が空いていないので立っていると男性が席を譲ってくれたり、お店に入るときに扉を開けてくれたりとこれも日本ではあまりなことです。観光客だからしてくれたのか、女性に対しては誰にでもするのかわかりませんがNYの男性は見た目は怖そうですが、とても優しい人ばかりでした。日本人の男性は見習ってほしいです。
フィリピンでの食事って?セブ留学メディアで聞いてみよう!

デンマークへの短期留学なら