イタリア旅行におけるコーヒー文化の違い

イタリアに旅行に行った時にガイドさんから聞いた話ですが、イタリアという国では、地域差は多少はあるもののカプチーノやカフェ・ラッテは朝食もしくは朝から昼に掛けての午前中に飲む飲み物だという事です。
日本でもカプチーノやカフェ・ラッテは大変馴染み深いもので敢えて好んで飲む人も多いと思いますが、日本では朝や昼夜を問わずに飲みたいと思った瞬間の気分次第で飲んでおりますよね。
イタリアでは昼や夕暮れ、ましてや夜にカプチーノやカフェ・ラッテを飲むのは稀な事であり、お家やバールやレストランにて朝に飲むのが定番だそうです。
日本人を含めた観光客は、昼でも夜でもカプチーノやカフェ・ラッテを当たり前のように注文して飲んでいる光景に、観光客向け以外の飲食店では現地の人に不思議に思われてしまうそうです。
イタリアではカプチーノやカフェ・ラッテは朝の飲み物なので、それ以降の時間帯はエスプレッソを頼むのが良いそうです。
イタリアに行かれてコーヒーを存分に楽しみたい方は豆知識として覚えておきたいところであり、勿論、私自身も郷に入れば郷に従え的な精神で、朝以外では大好きなカプチーノは頼まないように我慢致しました。