雨が降れば傘をさすのは普通じゃないの?

仕事で3か月ほどオランダに滞在したときの話ですが、雨の日に傘をささずに歩いている人が多いのに気が付きました。それも突然のにわか雨や小l降りの雨ではなく、完全に本降りのしっかり降っている雨もかかわらず多くの人が、雨ガッパを着るわけでもなく、手で頭を覆いながら走ることもなく、何事もない様子でずぶ濡れになってら歩いている姿は、日本人の私にはある種のショッキングな光景に写ったことを記憶しています。
現地の仕事仲間も雨の中を傘なしで平然と歩くので、なぜ傘をささないのか聞いたところ、「特に理由はないよ、それに傘をさしてもまったく濡れないわけじゃないだろ、濡れたら拭けばいいだけだよ」だと。確かに間違ってはいないけどやっぱり違和感を感じました。
些細な違いかもしれませんが、改めて考えてみるとそこには長い歴史の中で培ってきた生活、文化が表れているのですね。
しかしヨーロッパに限らず世界的に見れば、皆が皆傘をさすのが当たり前の日本人のほうが珍しいようです。